メリットとデメリット

土地活用の種類が分かったあとは、それぞれのメリット・デメリットを理解しておきましょう。

土地売却「土地売却」のメリットは、資産の組替えが可能なこと、相続税資金を確保できることがあげられます。デメリットとしては、譲渡費用・譲渡税の発生、収益機会の喪失などがあります。「等価交換」をした場合は、譲渡税の優遇措置あり、資金なし・リスクなしで活用でき、自身の住まいを確保することができます。
逆に土地所有権は喪失することになりますし、減価償却もできません。「駐車場経営」であれば、初期投資が少なくて済み、更地への復帰や転用が簡単なことが魅力です。デメリットとしては、税制メリットが少ないこと、立体駐車場にした場合の更地への復帰や転用に費用がかかることなどがあります。

「アパート・マンション経営」であれば、税制の優遇措置と安定収入が見込めますが、空室のリスクや、転用が困難である点、また建築法上の制限、売却損などの可能性を考慮する必要があります。「オフィスビル・商業ビル経営」として利用するメリットは、アパート・マンション経営に向かない土地でも活用が可能なこと、高い賃貸収入が見込めること、相続税・所得税対策に有効なことがあげられます。
一方で、高額な建築費用がかかり、経営リスクがある点が難しいところです。「ロードサイト店舗経営」をするのであれば、高い収益が望めるうえに管理業務は負担が軽く、駅からの立地が悪くても可能な点がすぐれていますが、初期投資が高額であることとテナントの撤退リスクが大きいことが難点です。「定期借地」のメリットは、税制上の優遇措置あり、土地を保有したまま分譲可能、借り入れによるリスクなし、優良資産を残せるなどがあげられます。デメリットとしては、長期間転用が不可能、地代による収益により賃貸に比べると収益性が劣ることなどがあります。

土地活用は、保有する土地の特徴を見極め、その土地に合った活用方法を選ぶことで最大限の収益を得ることができます。ぜひ紹介した内容を参考に、上手に土地活用を実践してください。


リンク…土地売却査定 – スマイスター
土地売却の一括査定ができるサイトです。