土地活用の基礎知識

日本がバブル期の頃、土地は「持っていること」に意味がありました。それは将来的に土地が確実に値上がりすることが見込め、現金収入に繋がる可能性があったからですが、現在では土地を保有していても価値が上がる保証はなく、固定資産税や将来的には相続税も必要になってくるため、持っているだけでなく、「有効に活用してこそ意味がある」ようになりました。

実際に土地を持っていて活用したいと考えた場合、何に活用しても良いというわけではありません。駐車場にして経営すれば手っ取り早いと感じるかもしれませんが、実際に駐車場として収益をあげている土地でも、マンション経営にすればさらに高収益が見込めるケースもあるため、その土地が備える特徴を見極めたうえで最適な活用を行うことが重要です。

最適な活用により土地の収益力を上げるためには、まずはじめに保有する土地の現在の活用法について見直すことが重要です。すでに活用している土地でも改善点が見られるのであれば、積極的に改善したほうが望ましいです。特に相続対策を考えた場合、土地収益が高いに越したことはありません。相続対策として土地を売却される方もいらっしゃいますが、土地売却はその土地が生み出す利益も手放すことになります。しっかりと活用して継続的に収益を得るほうがメリットが大きいため、上手に活用しましょう。

当サイトでは、土地活用の種類やそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。それぞれの特徴を理解し、自分の持つ土地に合った活用方法を見極めましょう。

土地の相続税!売る前にマンション検討を!

都市部では本当に相続税が高額であるため、他に資産のない状態で土地の相続が発生した場合などは、多くのケースでせっかく相続した土地にもかかわらず、相続税のために売却せざるを得ないという話も珍しくありません。しかし、本当に売らなくてはいけないのか?その点については少し考えてみた方がよいかも知れません。

まず、ある程度まとまった広さの土地であるなら、デベロッパーとの共同事業でマンション建築を行うといった手法も有効です。いわゆる「等価交換」と呼ばれるこのような手法であれば、相続した土地は一度デベロッパーに提供し、デベロッパーはその土地に建設したマンションの住戸を、土地代金に見合う戸数だけ土地提供者に譲渡します。つまり、土地とマンションの何部屋かを交換するという仕組みです。元の土地所有者は、手に入れたマンションの部屋を何戸か売却し相続税を払い、なお残ったマンションの何部屋かを形を変えた財産として相続するのです。このような手法も含め、税理士に相談することで、さまざまな道が開けるものですよ。